SSブログ

感心した [整備]

carrier_bolt.jpg
これは壊れてしまったリアキャリアの部品とねじ。
ディスクブレーキキャリパーを回避できるようL字型のステーを介してフレームに取り付ける部分。
積載重量が重かったのでねじが折れてしまいました。
代わりのねじを入れようとしたのですが途中から入りませんでした。
最初何故だかわからなかったのですがねじをよーく見たらわかりました。
転造ねじでした。
ねじ(この場合は雄ねじ)ってどうやって作ると思いますか?
多くの方はダイスを思い浮かべると思います。
丸棒にダイスをセットしてグリグリ回していくとねじ山を”切り”ねじにさせます。
もしくはねじ山をなめてしまったときの修正によく使いますね。
ねじを”切る”わけだからねじ部は切っていない部分より細くなりますので強度は低くなります。
それに対し転造は丸棒をねじ山のついた型に強く押し当てて変形させ、強引にねじ山を作ります。
削らないのでねじ部は細くならないし、塑性変形させるので強くもなります。
自転車で一番身近なのはスポークですね。
さて何故このキャリアには転造ねじが使われていたのかと考えました。
ねじはL字ステーを貫通し、ねじ山が出てきてフレームに装着されます。
L字ステーの分だけオフセットして装着されるのでモーメントが働き曲げに対しては不利です。
だからねじを奥(よりフレームに近いところ)で固定したいですが、そうすると普通の工具では届かなくなってしまうので脱着を考えると好ましくありません。
なので長いねじで固定するようになります。が、長いと弱くなってしまいます。
またL字ステーとねじのクリアランスも詰めればガタは生じづらくなりますので強さに対しては有利になりますね。
これらを考慮し転造ねじが使用されている物と思われます。
とは言え折れてしまったのは事実なのですが、ユーザーさんは「そうとう重い物を積んでいたからしょうがない」とおっしゃっておりますので仕方ないと考えております。
キャリアのねじでこんなに楽しませてもらえるとは思いもよりませんでした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0